【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-4「小さな集会」

【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-4「小さな集会」

独学でもピアノを弾きたい!おうちでの練習のやり方がわからない!
という人のための、ピアニストから見た楽曲解説&練習方法


 概要

 

三度音程が連続するパッセージを滑らかに、正確に弾くための練習曲です。可愛らしい曲ですがそれぞれの指がしっかりと独立していないと弾けず、ある程度指の訓練が終わっていなければ取り組むことは難しいでしょう。

 

 対象レベル

 

  • 5本の指をそれぞれ独立して動かせており、薬指から人差し指、小指から中指など隣同士ではない指遣いの曲を経験している。
  • 音階などで親指を使ったポジション移動を楽に行うことができる。
  • 手首を振ることなく滑らかなレガート奏法ができている。

 

 参考演奏動画

 

 

 練習のポイント

 

1〜4小節目

 

早速右手に三度音程の進行が現れます。ここではスタッカートなので、指を固定しつつある程度手首を楽にしてスタッカートを打ちます。この際指番号は表記のもの以外に2と4の指の組み合わせのみを使っても弾くことができます。

白鍵を一鍵ずつずらしながら弾くことは以外にも難しいので、隣の鍵盤にかすったりしないよう慎重に一つつずつ打鍵しましょう。

 

 

7〜9小節目

 

右手の三度音程進行のメロディーはスラーとなります。この際は手首を振って演奏してしまうと、粒が大きくなりすぎたり重音が不揃いになりがちなので、手首は固定し、指の力に加え腕自身が持つ重力も利用して打鍵できると、動かしにくい3,5→2,4でも滑らかなレガートで奏することができます。

同じ音で指を変える際も、完全に鍵盤から指を離すことなく親指をじくに使いながらうまくまた3,5に入れ替えましょう。

 

 

13〜14小節目

 

ここでは音程が6度となり、より弾き辛くなります。版によっては最初からスラーが存在しない楽譜もありますが、下記の指番号が届く手の大きさであれば、切ることなしにレガートで演奏することが望ましいでしょう。(または1,5 – 2,5 – 1,4 -2,5 – 1,4 – 1,3 – 1,4 で弾くとより滑らかさが際立つ)

 

 

15〜18小節目

 

レガート内が一つのポジション内で弾けてしまうため、比較的容易な部分です。しかし中指と薬指を別々に動かすことの弾きにくさには変わりはありません。

弾いている間に他の指が鍵盤にくっついていかないよう、しっかりと離鍵をしておくことが肝心です。

 

 どうしても弾けない・わからないときは・・・

 

誰からもアドバイスを貰わずに一人で黙々とピアノを勉強し続けるのは中々モチベーションが上がりません。

そんな時は、ピアノ初心者〜上級者までの無料の会員制コミュニティサイト「OnlinePianoSalon」にお越しください。

OnlinePianoSalon

既存のSNSのような近況投稿や演奏動画投稿などを通してフィードバックを得ることにより、ピアノ学習におけるモチベーション向上に役立つでしょう。

Pianist塩川 正和 / Masakazu Shiokawa
ピアニスト。パリ・エコールノルマル音楽院卒業。

現在は東京を中心に演奏、後進の育成、講演やコンクール審査等の活動を行っています。
演奏会情報のほか、コラムやピアノの楽曲解説もブログで書いてます。

ピアノ初心者〜プロまで参加可能なコミュニティサイト「OnlinePianoSalon」運営中。

コメントを残す

OLD POSTS