【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-9 「狩り」

【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-9 「狩り」

独学でもピアノを弾きたい!おうちでの練習のやり方がわからない!
という人のための、ピアニストから見た楽曲解説&練習方法


 概要

 

活き活きとした8分の6拍子の曲です。「狩り」というタイトルを冠する曲は、どれも角笛(ホルン)のイメージをもって演奏すると良いでしょう。3度音程と6度音程が織りなすことが多くなるため、重音をきちんと揃えるように弾けるとより美しくなります。

 

 対象レベル

 

  • 連続した和音を押さえることができる。
  • 音程の基本的な概念を認識している。
  • 複合拍子の理解、8分の6のリズム感を培っている。

 

 参考演奏動画

 

 

 練習のポイント

 

1〜4小節目

 

左手の3和音が転回形を用いながら連続します。和音や手の移動に慣れてないと少し苦戦するかもしれない箇所です。移動しても使っている音は限られている(ド、ミ、ソのみ)というをことを認識しておくと、楽譜を精査することなく鍵盤上で弾くことができます。また、リズムも疎かにしないように気をつけましょう。

 

 

5〜12小節目

 

左右の手を別々に練習しましょう。右手のパートは単純な分散オクターブなのでさほど難しくはありません。左手は違う種類の音程間の重音が連続しますので、指だけで覚えるのではなく、それぞれの音程の響きをしっかり認識した上で練習していくと、より譜読み後の記憶が鮮明になります。

 

 

13〜16小節目

 

右手は三度音程でメロディーが構成されています。それぞれの重音が付点四分音符となっているのでそれほど指の独立性を求められることはありません。一つのポジション内で弾くことができるので、指番号はしっかりと守りましょう。

 

 

29〜36小節目

 

右手は単音のメロディーに変わります。テクニック面では比較的優しいパッセージですが、平坦な音楽にならないようダイナミクスをしっかり意識して演奏しましょう。左手は単純な伴奏部分となってますが、決して主役(右手のメロディー)より目立たないように。

 

 

 どうしても弾けない・わからないときは・・・

 

誰からもアドバイスを貰わずに一人で黙々とピアノを勉強し続けるのは中々モチベーションが上がりません。

そんな時は、ピアノ初心者〜上級者までの無料の会員制コミュニティサイト「OnlinePianoSalon」にお越しください。

OnlinePianoSalon

既存のSNSのような近況投稿や演奏動画投稿などを通してフィードバックを得ることにより、ピアノ学習におけるモチベーション向上に役立つでしょう。

Pianist塩川 正和 / Masakazu Shiokawa
ピアニスト。パリ・エコールノルマル音楽院卒業。

現在は東京を中心に演奏、後進の育成、講演やコンクール審査等の活動を行っています。
演奏会情報のほか、コラムやピアノの楽曲解説もブログで書いてます。

ピアノ初心者〜プロまで参加可能なコミュニティサイト「OnlinePianoSalon」運営中。

コメントを残す

OLD POSTS