【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-1 3「なぐさめ」

【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-1 3「なぐさめ」

独学でもピアノを弾きたい!おうちでの練習のやり方がわからない!
という人のための、ピアニストから見た楽曲解説&練習方法


 概要

 

右手のメロディーがレガートで連綿と続く穏やかな曲です。技術的に比較的容易ではありますが、多声的な音楽のつくりになるよう気を使いましょう。

 

 対象レベル

 

  • 左右の5本の指を使ってレガート奏法ができる。
  • 指のくぐらせ、飛び越えを使ったポジションの移動ができている。

 

 参考演奏動画

 

 

 練習のポイント

 

1〜5小節目

 

右手は1の指の音を保持したまま3,4,5の指で滑らかに打鍵します。指の力だけで弾こうとせず、ある程度の腕の重さを描けるように弾くと安定感が増すでしょう。

 

 

8〜23小節目

 

右手は最高音部と交互にくるソの音とで声部を分けるように演奏します。親指を打鍵してる最中も高音部の鍵盤を離さず、物理的につながっている(次の鍵盤を押すまで前の音は伸ばしておく)ようにすると、立体的な演奏となります。

 

 

17〜24小節目

 

多声部のメロディーが左右の手を行き来しますが、先ほどとやることは変わりません。4分音符は途切れることないように演奏し、可能な限り音型に合わせてダイナミクスを不自然のないように加えましょう。あまりアゴーギグは加えず、常に同じテンポ感で演奏すると、シンプルで純粋な音楽になるでしょう。

 

 

 どうしても弾けない・わからないときは・・・

 

誰からもアドバイスを貰わずに一人で黙々とピアノを勉強し続けるのは中々モチベーションが上がりません。

そんな時は、ピアノ初心者〜上級者までの無料の会員制コミュニティサイト「OnlinePianoSalon」にお越しください。

OnlinePianoSalon

既存のSNSのような近況投稿や演奏動画投稿などを通してフィードバックを得ることにより、ピアノ学習におけるモチベーション向上に役立つでしょう。

Pianist塩川 正和 / Masakazu Shiokawa
ピアニスト。パリ・エコールノルマル音楽院卒業。

現在は東京を中心に演奏、後進の育成、講演やコンクール審査等の活動を行っています。
演奏会情報のほか、コラムやピアノの楽曲解説もブログで書いてます。

ピアノ初心者〜プロまで参加可能なコミュニティサイト「OnlinePianoSalon」運営中。

コメントを残す

OLD POSTS