【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-15 「バラード」

【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-15 「バラード」

独学でもピアノを弾きたい!おうちでの練習のやり方がわからない!
という人のための、ピアニストから見た楽曲解説&練習方法


 概要

 

この練習曲中でも有名な曲の一つです。ポジションの移動がさほど多くない為、読譜が比較的行いやすく取り組みやすい楽曲となっています。

また「バラード」という曲の形式は非常に物語性が強く、場面ごとに雰囲気の切り替えが多々あります。どのようにストーリーが進むか想像してみると面白いかもしれません。

 対象レベル

 

  • 5本の指の独立に加え、親指のくぐらせ、飛び越え、ポジション移動など、基礎的なテクニックを習得している。
  • 指の配置を変えながら、連続する和音を瞬時に掴むことができる。
  • 8分の3のリズムの数えかたについての最低限の知識を持っている

 

 参考演奏動画

 

 

 練習のポイント

 

1〜18小節目

 

右手の和音は2種類しかないので、和音をしっかりと綺麗に揃えて弾けるのであれば難なく奏することができるでしょう。左手の16分音符は転ばないように指の一つ一つの独立を意識して練習しましょう。

8分の3拍子はやや取りにくい拍ですから、慣れてなければリズム・音価の不揃いが発生しやすいでしょう。右手が拍打ちの役割を果たしてくれるので、なるべく両手の練習を多くするとリズムの整合性を取ることができます。

 

 

19〜23小節目

 

重音が出てきますが、観察すると両手親指は常にソの音にあることがわかります。共通する音を軸にして端の音を探すようにすると記憶しやすくなる筈です。

指導の経験上、ここの8分音符を速く弾いてしまい、8分休符は長めにとってしまうという音の長さを読譜の段階で勘違いしてしまう人が多い傾向にあります。ここは全て同じ長さですので、見かけに惑わされずしっかりとカウントしましょう。

 

 

39〜46小節目

 

左手の和音が少々取りにくい箇所となります。表記の指番号は手の移動を最小限に押さえる面から見て合理的ではありますが、幼児のような手が小さい学習者にとっては少々手の大きさ的に苦しいかもしれないので、ポジションの移動を前提に楽な指の配置を考えてあげると良いでしょう。

 

 どうしても弾けない・わからないときは・・・

 

誰からもアドバイスを貰わずに一人で黙々とピアノを勉強し続けるのは中々モチベーションが上がりません。

そんな時は、ピアノ初心者〜上級者までの無料の会員制コミュニティサイト「OnlinePianoSalon」にお越しください。

OnlinePianoSalon

既存のSNSのような近況投稿や演奏動画投稿などを通してフィードバックを得ることにより、ピアノ学習におけるモチベーション向上に役立つでしょう。

Pianist塩川 正和 / Masakazu Shiokawa
ピアニスト。パリ・エコールノルマル音楽院卒業。

現在は東京を中心に演奏、後進の育成、講演やコンクール審査等の活動を行っています。
演奏会情報のほか、コラムやピアノの楽曲解説もブログで書いてます。

ピアノ初心者〜プロまで参加可能なコミュニティサイト「OnlinePianoSalon」運営中。

コメントを残す

OLD POSTS