【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-23 「帰り道」

【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-23 「帰り道」

独学でもピアノを弾きたい!おうちでの練習のやり方がわからない!
という人のための、ピアニストから見た楽曲解説&練習方法


 概要

 

同音の打鍵のための練習曲です。同じ鍵盤を高速で叩くという行為は、一見単純ですが高度な熟練を要します。

 

 対象レベル

 

  • ピアノ演奏の基礎について学び終えており、脱力を用いた双方が可能である。
  • 打鍵のための筋力が発達している。
  • 和音のポジション移動を難なく行うことができる。

 

 参考演奏動画

 

 

 練習のポイント

 

1〜8小節目

 

左手は単純な拍打ちとなりますが、常に8分の6のリズムを感じて打鍵しましょう。右手は小節を跨ぐ少々長いフレーズなので、一拍ごとに重くならず一つのつながりとして意識しましょう。

 

 

9〜16小節目

 

ポジションをほぼ移動させずに弾くことができます。一定以上の速度で演奏するためには、筋力を使いすぎないように気を付ける必要があります。リズムを常に意識し、打鍵の際はなるべく自重を用いましょう。

 

 

17〜24小節目

 

フォルテの指示がありますが、全ての音を大きくすると右手の和音の連打で筋力を大幅に消耗してしまいます。ここでは重要なのは左手のアルペジオのメロディですので、音量の優先順位を左手に意識しましょう。記載はされてないですが、右手はmf以下の音量で。記載の音量指示は総和としてのものと考えましょう。

 

 

 どうしても弾けない・わからないときは・・・

 

誰からもアドバイスを貰わずに一人で黙々とピアノを勉強し続けるのは中々モチベーションが上がりません。

そんな時は、ピアノ初心者〜上級者までの無料の会員制コミュニティサイト「OnlinePianoSalon」にお越しください。

OnlinePianoSalon

既存のSNSのような近況投稿や演奏動画投稿などを通してフィードバックを得ることにより、ピアノ学習におけるモチベーション向上に役立つでしょう。

Pianist塩川 正和 / Masakazu Shiokawa
ピアニスト。パリ・エコールノルマル音楽院卒業。

現在は東京を中心に演奏、後進の育成、講演やコンクール審査等の活動を行っています。
演奏会情報のほか、コラムやピアノの楽曲解説もブログで書いてます。

ピアノ初心者〜プロまで参加可能なコミュニティサイト「OnlinePianoSalon」運営中。

コメントを残す

OLD POSTS