【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-24 「つばめ」

【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-24 「つばめ」

独学でもピアノを弾きたい!おうちでの練習のやり方がわからない!
という人のための、ピアニストから見た楽曲解説&練習方法


 概要

 

素早い動きの手の交差のための練習曲です。左手の跳躍は非常に正確なコントロールを必要とします。

 対象レベル

 

  • 打鍵の基礎的な訓練を積んでおり、一定の速度で指を動かすことに慣れている。
  • 手の大きな跳躍のための筋力が発達している。

 

 参考演奏動画

 

 

 練習のポイント

 

全体を通して

 

右手のパッセージは細やかな動きとなりますが、ポジション自体は大して移動しません。左手の大移動に気を取られて右手の音一つひとつがくっついてしまわないように耳で連符をしっかりと追いましょう。

 

指示があるところ以外は、なるべく速度に緩急をつけることは失速感を与えてしまうため避けましょう。

楽節間(8と9小節目の間)のみ、テーマに返ることを意識するために多少のアゴーギグをつけると自然な音楽の流れとなります。

 

 

左手の跳躍は、空中を移動しているエネルギーをそのまま用いて打鍵すると良いでしょう。つまりは慣性を利用すれば打鍵に際してその瞬間の筋力は最小限に抑えられることとなり、筋力を節約できるということとなります。

ここはただのスタッカートなため、無理に力を用いれば逆に音量が大きくなりすぎてしまい、素早い印象がかけてしまいがちです。いかに筋肉を使わず楽に速く弾けるか、脱力を意識しながら練習しましょう。

 

 

 どうしても弾けない・わからないときは・・・

 

誰からもアドバイスを貰わずに一人で黙々とピアノを勉強し続けるのは中々モチベーションが上がりません。

そんな時は、ピアノ初心者〜上級者までの無料の会員制コミュニティサイト「OnlinePianoSalon」にお越しください。

OnlinePianoSalon

既存のSNSのような近況投稿や演奏動画投稿などを通してフィードバックを得ることにより、ピアノ学習におけるモチベーション向上に役立つでしょう。

Pianist塩川 正和 / Masakazu Shiokawa
ピアニスト。パリ・エコールノルマル音楽院卒業。

現在は東京を中心に演奏、後進の育成、講演やコンクール審査等の活動を行っています。
演奏会情報のほか、コラムやピアノの楽曲解説もブログで書いてます。

ピアノ初心者〜プロまで参加可能なコミュニティサイト「OnlinePianoSalon」運営中。

コメントを残す

OLD POSTS