【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-2「アラベスク」

【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-2「アラベスク」

独学でもピアノを弾きたい!おうちでの練習のやり方がわからない!
という人のための、ピアニストから見た楽曲解説&練習方法


概要

 

25曲あるうちで最もよく知られている曲でしょう。素早い16分音符のメロディーを明瞭に発音する必要がありますが一つのポジション内で完結し、曲全体を通して指のくぐらせが最小限に抑えられてますので、初級段階の学習者でも比較的容易にアップテンポで演奏することができます。

 

対象レベル

 

  • 指番号を理解し、両手それぞれ5本の指を使ってレガートで弾くことができる
  • 本の指をそれぞれ独立した状態である程度早く動かすことができる
  • 16分音符と8分音符の音価の違いの把握ができている

参考演奏動画

 

練習のポイント

 

3〜6小節目

 

両手で練習する際は予めリズムをしっかり確認しておくことが大切です。まずは右手で練習し、8分休符の位置、タイの長さなど、片手状態でも疎かにせず拍を打ちながら頭と手で理解をしましょう。

左手の和音の移動は、親指のみ全音分左右にずらすだけでポジション内で弾くことが可能です。和音の真ん中の音は、音が変わった際は前と同じ指を使おうとせず、1,2,5 → 1,3,5というふうに別の指を使うようにすると良いでしょう。

 

7〜9小節目

 

右手左手ともに一度手の位置どりをすれば4小節間はほぼ指番号のみを見て弾くことができます。音符読みが苦手な学習者でも、初めから両手を使って弾くことができるでしょう。

途中左手レドミドの3と2の指の小移動のみ細かく確認しましょう。

 

12〜17小節目

 

16分音符の動きが左手に移ります。こちらも導入部の右手と同じように、小節内では一つのポジションで弾くことができます。ただし左手のすばやい動きに未だ不慣れであれば、最初は左手のみの練習をゆっくり行いましょう。打鍵の後にしっかりと離鍵を行うことも忘れないようにしましょう。

 

17〜19小節目

 

両手それぞれの指があべこべにくぐり・飛び越えながら下降していきます。途中不規則的に半音階進行が出現したりするので、まずは片手ずつ動きを確認しましょう。

ある程度片手練習が済んだら、両手で8分音符ずつゆっくりと左右の指の動きを確認しながら練習を重ねます。その際指番号を厳守することを忘れずに行えると、回を重ねるごとにきちんと上達することができます。

 

28〜33小節目

 

導入部のメロディーに似ていますが、一部変更がなされています。小節ごとのパーツを違うように組み合わせてるだけなので、特別なテクニックの練習はすでに3〜6小節目にて完了している筈です。ポジション移動の際の手の配置先だけしっかりと確認しましょう。

“risoluto”の部分では決して急ぎすぎず、一音一音よりはっきりと発音させるようにします。前後の小節で大きな跳躍を要するので、この辺りをインテンポで飛び込むのが不安であれば、多少なりとも間隔をあけて移動先を視認できてから打鍵しても音楽的な欠陥はありません。その際はあまり長い時間留まるとリズムが狂ってしまうので、いずれにせよ早めに手の配置の準備をすることが必須です。

 

 どうしても弾けない・わからないときは・・・

 

誰からもアドバイスを貰わずに一人で黙々とピアノを勉強し続けるのは中々モチベーションが上がりません。

そんな時は、ピアノ初心者〜上級者までの無料の会員制コミュニティサイト「OnlinePianoSalon」にお越しください。

OnlinePianoSalon

既存のSNSのような近況投稿や演奏動画投稿などを通してフィードバックを得ることにより、ピアノ学習におけるモチベーション向上に役立つでしょう。

Pianist塩川 正和 / Masakazu Shiokawa
ピアニスト。パリ・エコールノルマル音楽院卒業。

現在は東京を中心に演奏、後進の育成、講演やコンクール審査等の活動を行っています。
演奏会情報のほか、コラムやピアノの楽曲解説もブログで書いてます。

ピアノ初心者〜プロまで参加可能なコミュニティサイト「OnlinePianoSalon」運営中。

コメントを残す

OLD POSTS