【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-8 「優美」

【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-8 「優美」

独学でもピアノを弾きたい!おうちでの練習のやり方がわからない!
という人のための、ピアニストから見た楽曲解説&練習方法


 概要

 

32分音符のような細かな連符を鮮やかに弾くための練習曲です。速いパッセージはガムシャラに打鍵しようとせず、力を抜いて頭と指先の神経がしっかりと接続できているようなコントロール感で練習することを心がけましょう。。

 

 対象レベル

 

  • ハノンやチェルニー等の指の独立を重視する練習曲を正しく弾くことができる。
  • 親指のくぐらせ等の素早く細やかな指さばきができる。
  • レガート奏法を用いながら、連符のアーティキュレーションを意識することができる。

 

 参考演奏動画

 

 

 練習のポイント

 

1〜8小節目

 

指番号は記載の通り確実に守るようにします。音価は大雑把にしようとせず必ず等間隔に。32分音符は4つで8分音符と同等の長さとなるので、そこを認識した上でまずは8分音符ごとに拍を刻みながら弾いてみましょう。比較的ゆっくりのテンポでメトロノームを用いると、良い矯正力を発揮する練習となります。

音価が揃っているなら32分音符の連符の音ひとつひとつに着目し、耳でしっかり聴きながら前の音とくっついてないか確認しながら弾きます。打鍵だけでなく指を鍵盤から離すことにも重きを置きましょう。

また、力みやすくなってしまう箇所なので、力が入っていると感じた時は力んでいる筋肉のポイントに意識を向けてみると、少しずつ力がほぐれていきます。

 

 

9〜16小節目

 

モチーフが左手に移りますが、ここでは1,2,3という比較的動かしやすい指を使うことができるため、右手よりもコントロールしやすいと感じる人も多いでしょう。練習方法は1〜8小節の時に行った方法と同じことを試しましょう。

右手の和音はポルタートでなので、はっきりと区切らずに手首の柔軟さを用いながら柔らかなアクションで打鍵します。

 

 どうしても弾けない・わからないときは・・・

 

誰からもアドバイスを貰わずに一人で黙々とピアノを勉強し続けるのは中々モチベーションが上がりません。

そんな時は、ピアノ初心者〜上級者までの無料の会員制コミュニティサイト「OnlinePianoSalon」にお越しください。

OnlinePianoSalon

既存のSNSのような近況投稿や演奏動画投稿などを通してフィードバックを得ることにより、ピアノ学習におけるモチベーション向上に役立つでしょう。

Pianist塩川 正和 / Masakazu Shiokawa
ピアニスト。パリ・エコールノルマル音楽院卒業。

現在は東京を中心に演奏、後進の育成、講演やコンクール審査等の活動を行っています。
演奏会情報のほか、コラムやピアノの楽曲解説もブログで書いてます。

ピアノ初心者〜プロまで参加可能なコミュニティサイト「OnlinePianoSalon」運営中。

コメントを残す

OLD POSTS