【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-22 「舟歌」

【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-22 「舟歌」

独学でもピアノを弾きたい!おうちでの練習のやり方がわからない!
という人のための、ピアニストから見た楽曲解説&練習方法


 概要

 

複合拍子に特徴付けられる「舟歌」という形式のジャンルでは、独特なリズム感を感じることが重要です。舟が小波の上で穏やかに揺れている様相を表現しましょう。

 対象レベル

 

  • 8分の6拍子についての基礎的な知識がある。
  • 細かな指のポジション移動、くぐらせや飛び越えなど熟知している。
  • 数の多い調号、臨時記号などを瞬時に音符に適応させることができる。

 

 参考演奏動画

 

 

 練習のポイント

 

1〜12小節目

 

舟歌のリズムは若干のクセというものがあり、拍頭(1つ目と4つ目の8部音符)を少し重めにする弾き方を行います。

また、波が不規則であるように、拍頭にかける重さも和声、音域、フレーズなどに応じて臨機応変に調節すると、より舟歌らしい演奏となります。

感覚の領域となるので、よくわからなければ実際にどこか近場の湖でボートに乗って揺れを体感してみると良いインスピレーションとなるでしょう。

 

 

12小節目以降

 

左手が一貫して規則的な拍打ちとなります。この際決して8分休符を短く取ってはいけません。

また、前述のように拍頭を重めにとりますが、フレーズの山、和声の移り変わりなどで少し揺れの大きさを変える必要があります。特にⅠ – Ⅴ – ⅠとⅠ – Ⅴ – Ⅵ7 (c: Ⅳ7) のコントラストの差は大きいものにすると表現力が増します。

dim7は不安を感じさせる和音なので、やや強い波が舟を揺らす等イメージ力を持って音楽をつくりましょう。

 

 

 どうしても弾けない・わからないときは・・・

 

誰からもアドバイスを貰わずに一人で黙々とピアノを勉強し続けるのは中々モチベーションが上がりません。

そんな時は、ピアノ初心者〜上級者までの無料の会員制コミュニティサイト「OnlinePianoSalon」にお越しください。

OnlinePianoSalon

既存のSNSのような近況投稿や演奏動画投稿などを通してフィードバックを得ることにより、ピアノ学習におけるモチベーション向上に役立つでしょう。

Pianist塩川 正和 / Masakazu Shiokawa
ピアニスト。パリ・エコールノルマル音楽院卒業。

現在は東京を中心に演奏、後進の育成、講演やコンクール審査等の活動を行っています。
演奏会情報のほか、コラムやピアノの楽曲解説もブログで書いてます。

ピアノ初心者〜プロまで参加可能なコミュニティサイト「OnlinePianoSalon」運営中。

コメントを残す

OLD POSTS