【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-1 4「スティリエンヌ」

【独学ピアノ】ブルグミュラー:25の練習曲Op.100-1 4「スティリエンヌ」

独学でもピアノを弾きたい!おうちでの練習のやり方がわからない!
という人のための、ピアニストから見た楽曲解説&練習方法


 概要

 

軽やかな雰囲気のワルツ風練習曲です。指先の細かなコントロールを必要とするので、ある程度基礎が完成していることが求められる楽曲です。四角四面な演奏にならないよう、テンポルバートを加えると品のある音楽となります。

 

 対象レベル

 

  • 5本の指の独立に加え、親指のくぐらせ、飛び越え、ポジション移動など、基礎的なテクニックを習得している。
  • 手首のしなやかさを用いたスタッカートの弾き方を理解している。

 

 参考演奏動画

 

 

 練習のポイント

 

4〜11小節目

 

4分の3のワルツのリズムを意識して弾きましょう。強拍・弱拍の違いを感じ取れるように、バスの音は少し重めに打鍵します。

曲全体を通して左手はそれぞれのパートに2パターンしか存在しないことが多く、練習は比較的容易です。右手においてもメロディーが繰り返すことが多く、動きを掴んでしまえばすぐに覚えられるでしょう。

スタッカートとレガートの違いをはっきりとつける必要があります。ここのスタッカートは手首の動作を伴うので、少しテンポを引き付けながら弾くとお洒落なワルツ感が表れます。

 

 

28〜36小節目

 

オクターブ以上の長距離の跳躍が現れますが、決して急がず確実に正確な音を打鍵しましょう。deciso(明確に)とあるので、ここではひとつひとつのスタッカートの打鍵スピードを速くし、硬めの音で弾くと前半の柔らかな雰囲気との明暗がはっきりします。

二音間のスラーでは最初の音が重くなる必要があるので、強拍部だからと言って二音目を強くしてしまわないように注意する必要があります。

 

 

 どうしても弾けない・わからないときは・・・

 

誰からもアドバイスを貰わずに一人で黙々とピアノを勉強し続けるのは中々モチベーションが上がりません。

そんな時は、ピアノ初心者〜上級者までの無料の会員制コミュニティサイト「OnlinePianoSalon」にお越しください。

OnlinePianoSalon

既存のSNSのような近況投稿や演奏動画投稿などを通してフィードバックを得ることにより、ピアノ学習におけるモチベーション向上に役立つでしょう。

Pianist塩川 正和 / Masakazu Shiokawa
ピアニスト。パリ・エコールノルマル音楽院卒業。

現在は東京を中心に演奏、後進の育成、講演やコンクール審査等の活動を行っています。
演奏会情報のほか、コラムやピアノの楽曲解説もブログで書いてます。

ピアノ初心者〜プロまで参加可能なコミュニティサイト「OnlinePianoSalon」運営中。

コメントを残す

OLD POSTS